産後ダイエット お腹

産後ダイエット・産後太り解消法@赤ちゃんがいても出来る!

産後ダイエットでお腹(下腹ぽっこり)を解消する!


産後ダイエットでお腹・下腹ぽっこり解消をしたいと考えている人は多いのではないでしょうか。妊娠すると、骨盤は赤ちゃんの成長に合わせて開いていき歪んでしまいます。さらに出産を迎えることで子宮口や靭帯が柔らかくなり関節が緩むので、さらに骨盤が歪みやすくなってしまうのです。
骨盤をそのままにしておくと、どんどん太りやすい体質になってしまうだけでなく、腰痛や姿勢の悪さ、ストレスなどの原因になってしまいますし、何よりお腹ぽっこりを招いてしまいます。しっかりと元に戻してあげないといけません。
骨盤を元に戻す方法は、家の中でできる軽い運動があります。まず、お尻歩きです。まず足を伸ばした状態で床に座ります。そして、片側の足とお尻を交互に持ち上げて、上体を捻りながら10歩前に歩きます。次に同じ要領で10歩後ろに歩くのです。これを毎日繰り返すだけで、骨盤の歪みを解消できるんですよ。
また、スクワットも有効です。しかし、スクワットは正しい方法で行わないと膝を痛めてしまったり、効果がないので注意が必要です。正しいスクワットの方法は、まず足を肩幅に開き、腰を両手で軽くつかむようにします。背筋はまっすぐ伸ばしたまま、息を吐きながら腰を落としていきます。このとき、膝がつま先より前に出ないように注意してください。床とお尻が平行になるくらいの位置まで腰を落としたら、そのまま少し静止して、息を吸いながらゆっくりと元の姿勢に戻ります。
このように、産後ダイエットでお腹・下腹ぽっこり解消は家の中で行えます。ほかにも、踏み台昇降も効果的ですよ。

 

この記事に関連する記事一覧